ウェビナーの予約システムが未来を変える!

女の人

最適なコスト管理を実現

スマホ

運送業でのシステム導入は、人件費や配車コストなどを最適にするメリットを持っています。売り上げ拡大を見込めない現在、コストを抑えることこそ利益ねん出の唯一の方法でもあります。システム導入時の初期費用こそ掛かりますが、大きな成果を出すことができます。

Read More

社内システムの開発

アプリケーション

企業の中枢といわれるシステムは対顧客のみならず社内システムとして運用することも多々あります。そしてそのシステム開発は外注するケースがあ多くなっています。その方がコスト安になるからです。しかしコストだけを考慮すると後々改修費が高くなる場合に注意する必要があります。

Read More

セミナー配信のテクニック

アプリケーション

新たな営業手法として注目

企業は物品やサービスなど何らかの商品を販売することで経営が成り立っていますが、その販売対象が一般消費者の企業もあれば企業同士で営業活動を行なう場合もあります。特に企業対企業のBtoB形態では、一般消費者向け以上にIT技術の活用が営業活動の中で欠かせません。どの企業でも多かれ少なかれ業務にIT技術が導入されているため、そうした業務システムと親和性の高いIT手法を使った営業活動に高い効果を発揮できるのです。中でも多くの企業で導入の進んでいるIT技術は、さまざまな形態からなる動画配信サービスです。一般消費者向けの企業PRや商品紹介でも多く使われる動画は、企業対企業の営業活動ではさらに大きな威力を発揮します。動画制作技術の向上と高速回線の普及により、企業相手の営業に相応しいハイレベルの動画が配信可能になりました。特に注目を集めている新しい営業手法として、オンラインセミナーまたはウェビナーが挙げられます。ウェブセミナーの略称のウェビナーとは、ウェブ上でセミナーの動画配信を行なうことを意味します。欧米ではすでに多くの企業がBtoBの営業手法として活用しており、日本企業でも注目度が高まっています。

信頼性を勝ち取る手法

欧米でウェビナーがこれだけ高い人気を集めている理由は、視覚と聴覚に直接訴えかける動画ゆえに顧客の信頼性を得られやすい点にあります。特に新規顧客に対するアピール度は高く、セミナーを実施する担当者の人間的魅力が初対面の相手にも確実に伝わります。動画の撮影技術向上とインターネット回線の高速化による恩恵は、文章や写真だけでは伝えられない情報を伝達できるという点で非常に大きいのです。動画配信サービスを使わないオフラインのセミナーなら、もっとリアルにそうした情報を伝えられるとも言えます。しかしながらそうした従来型のセミナーは会場の予約などにコストがかかる上、遠隔地に住む顧客が参加できない点はデメリットです。離れた場所にいる人が自由に参加できるウェビナーなら、その点も心配無用でコストの点でも有利です。セミナー開催に関わる敷居を低くして、幅広く営業活動に応用できるようになった点がウェビナー最大のメリットなのです。今はインターネット回線を通じて、海外にいる相手とも瞬時につながることのできる時代です。企業PRから商品紹介まで無限の可能性を秘めたウェビナー人気は、今後さらに高まるものと予測されます。

多くの業界で導入している

2人の女性

ホテル業界で電話予約からいち早くインターネットを利用した予約システムが展開されています。そして現在では、他の業界でもインターネット予約をすることができます。美容院や飲食店、カー用品店なども参入しています。

Read More